artscape 事の縁 ジョットとその遺産展 「フレッシュ」山本努×竹内公太 第40回日展 取手アートプロジェクト2008 アートイニシアティヴ・プロジェクト:Exhibition as media 2008 「LOCUS」
artscape English site
プライバシーステートメント
サイトマップ
展覧会レビュー
村田真/酒井千穂
11/7〜11/8
ジョットとその遺産展
9/13〜11/9 損保ジャパン東郷青児美術館[東京]
東京ミッドタウン・アワード2008【http://www.tokyo-midtown.com/jp/award/2008/index.html】受賞作品展示
待望の「ジョット展」、といっても代表作の大半は壁画だから持って来られないので、祭壇画や壁画の断片など4点の出品。あとは写真での紹介と、工房や後継者たちの作品だ。ともあれ、新宿の超高層ビルの上で、イタリア初期ルネサンスの宗教美術を拝んでいると、なんだか天国に近づいた気分。
[11月7日(金) 村田真]
アンドリュー・ワイエス──創造への道程
11/8〜12/23 Bunkamuraザ・ミュージアム[東京]
ジョットとその遺産展
素描や下絵を中心に、ワイエスの制作過程に焦点を当てた展示。瞠目すべきは、1970年以前の素描のほとんどが丸山芸術の森のコレクションであること。目録を見ると、出品作品の半数近い65点にもおよぶ。丸山芸術の森は、アーティスト・イン・レジデンスを含め、内外の若手アーティストに創作の場を提供する組織で、村上隆も長くここを拠点としてきた。なぜワイエスの素描なのかはわからないが、なんにせよこのような焦点を絞ったコレクションというのはひとつの見識といえる。
[11月7日(金) 村田真]
丸山直文展──後ろの正面
9/27〜11/9 目黒区美術館[東京]
細胞を拡大したような初期の抽象画になじんだ目には、90年代なかばの具象的イメージの登場は違和感を覚えたものだ。その違和感は、抽象時代の2倍の時間を経たいまも変わらない、どころか、ますます強まっている気がする。この違和感のおそらく半分くらいは未視感に由来するものだから、丸山は前人未到の道を歩んでいるともいえる。違和感が見る喜びに変わることもあるのだ。
[11月8日(土) 村田真]
蜷川実花 展
11/1〜12/28 東京オペラシティアートギャラリー[東京]
丸山直文展──後ろの正面
これはすごい。どれも蜷川実花カラー以外のなにものでもない。これは真似できないなあ。真似しようと思わないか。とくに金魚が最高。
[11月8日(土) 村田真]
横溝静
10/18〜11/29 ワコウ・ワークス・オブ・アート[東京]
蜷川実花 展【http://www.asahi.com/ninagawamika/】
暗い女性ヌード写真。女たちは肉がたるんで魅力的ではないし、物理的な照度だけでなく雰囲気も暗い。なんだろうと思ったら、娼婦たちをその仕事場で撮ったものだという。そう言われればなるほどと納得してしまうが、はたしてそれでいいのだろうか。じつはプロのモデルだったりして。
[11月8日(土) 村田真]
トニー・クラッグ新作展
10/23〜11/29 ケンジタキギャラリー東京[東京]
横溝静
計4点の彫刻。コンピュータ上で作図して成形したものもある。どうやって鋳造したのか謎の入り組んだ形態もある。手のひらサイズのフィギュアにすればもっと売れると思う。そもそもトニー・クラッグの彫刻って、形態に反してサイズがでかすぎないか。どうでもいいけど。
[11月8日(土) 村田真]
Index
11/1〜11/5
多摩川アートラインプロジェクト:アートラインウィーク2008
さかえdeつながるアート in 上郷・森の家
フェルメール展
アート・オブ・アワ・タイム
事の縁
東京ミッドタウン・アワード2008受賞作品展示
11/7〜11/8
ジョットとその遺産展
アンドリュー・ワイエス──創造への道程
丸山直文展──後ろの正面
蜷川実花 展
横溝静
トニー・クラッグ新作展
11/9
モーリス・ルイス──秘密の色層
むこうのさくら「星空交換プロジェクト」
佐藤事 展
小山利枝子 展──変容する命の花
飯田竜太──永遠なる同等物
「フレッシュ」山本努×竹内公太
柏のまちでトビヲちゃんを探そう!
11/10〜11/12
片野湘雲とその一門展
ギャラリースタッフセレクション#26 鑓水青年美術館展
巨匠ピカソ──愛と創造の軌跡
第40回日展
巨匠ピカソ──魂のポートレート
11/14〜11/15
セザンヌ主義
ミヒャエル・ボレマンス
母袋俊也 展:窓―像
吉峯和美 展──Passage
取手アートプロジェクト2008
11/21〜11/23
チャロー!インディア|インド美術の新時代
西村郁子展
純粋なる形象:ディーター・ラムスの時代──機能主義デザイン再考
アートイニシアティヴ・プロジェクト:Exhibition as media 2008 「LOCUS」
レオナール・フジタ展
第34回太陽美術展
退任記念「櫃田伸也:通り過ぎた風景」展
11/24〜11/29
林&丁展
小金沢健人展 あれ と これ の あいだ
松本尚 展
松浦宏美「H avant-garde」
John Cage: 100th Anniversary Countdown Event 2007-2012
横浜アート&ホームコレクション
文殊の知恵熱「UNG-A」
前ページ 次ページ
ページTOPartscapeTOP
DNP 大日本印刷 DNP archives ©1996-2007 DAI NIPPON PRINTING Co., Ltd.
アートスケープ/artscapeは、大日本印刷株式会社が運営しています。
アートスケープ/artscapeは、大日本印刷株式会社の登録商標です。
artscape is the registered trademark of DAI NIPPON PRINTING Co., Ltd.
Internet Explorer5.0以上、Netscape4.7以上で快適にご利用いただけます。